■16番(1/80)用パーツ
TTP8104-11〜 シールドビーム・テールライト 各種

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

挽物では再現できない、ライトケースのヒンジ表現をリアルに再現しました。
105系や荷物電車のような切妻前面にも、113系のような後退角のある前面どちらにも使うことが出来ます。

【16番】
シールドビーム(国電用)
・TTP8104-11 ケース+レンズ2組入 本体1,080円


外嵌め型のヒンジ表現をロストワックスでリアルに再現。
ライトケースは表から挿入、レンズは裏から挿入する形状で、切妻および後退角がある前面どちらにも取り付けられ、レンズ面もより綺麗に見せることができます。
【16番】
シールドビーム(下関115系)
・TTP8104-14 ケース+レンズ2組入 本体1,080円

「ヒンジ表現のついたシールドビーム」で、下関115系の大目玉からの改造車用です。もとの大型ライトのフタのボルトまで表現しました。
【16番】テールライト(外嵌め型)
・TTP8104-21 ケース+レンズ2組入 本体1,080円

外嵌め型のヒンジ表現をロストワックスでリアルに再現。
切妻および後退角がある前面どちらにも取り付けられます。

ライトケースは表から挿入、レンズは裏から挿入する形状で、切妻および後退角がある前面どちらにも取り付けられ、レンズ面もより綺麗に見せることができます。

【ヒント】
挽物レンズの表面には、車体装着後に光沢クリアーを厚めに差すか、木工ボンドを塗布しますと鏡面になりレンズ面をよりリアルに見せることができます。
また余力があれば、レンズ面から2ミリほど後方を一旦カットし再接合しますと乱反射によって非点灯であってもレンズが明るく見えるようになります。

2020年1月18日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。