ソフトバンクグループの株の買い方

※このページはソフトバンクグループ(9984)について書いたページです。携帯電話事業の子会社で12月19日に上場したソフトバンク(9434)は別のページです。

ソフトバンク株の購入方法携帯電話会社のソフトバンクグループと言えば、孫正義社長や白戸家のCMなどでも有名ですね。

日本で一番早くiPhoneを取り入れ、契約者数を大きく伸ばしてきたソフトバンクは、孫社長の斬新な戦略でいろいろな展開をしてその都度大きく伸びている会社です。

現在株を買えるのはソフトバンクグループ(9984)ですが、携帯事業の子会社ソフトバンクの上場が話題になりましたね。

今後はソフトバンクの全事業に投資したい人は親会社のソフトバンクグループ(9984)、携帯電話のソフトバンク事業に投資したい人はソフトバンク(9434)と、投資先が分かれます。

ソフトバンクグループは株主優待が人気で、ネット証券等の株主優待ランキングにソフトバンクグループが入ることも多く、配当金も出ているため「株主優待+配当金」で考えると利回りはかなり高くなります。

また個人投資家向け説明会なども随時行っていたり、社長の孫さんは本を出版していたり経済紙などで社長の孫さんが出てくることも多いため、その影響によって「ソフトバンクの株主になりたい」という方や、「ソフトバンク株を買うために株を始める」という方も多い人気企業です。

株主になるとソフトバンクグループの株主総会に参加できるのもいいですね。株主総会はオンライン配信もあります。

ソフトバンクグループの株主優待・配当金

ソフトバンクグループの株を買い株主になると、年に2回株主優待を受けることができます。

ソフトバンクグループの株主優待では、携帯電話(スマホやタブレット料金)とわいモバイル携帯端末とインターネット(光・プロバイダ料金)の3つの優待を受けることができます。(両方とも利用の場合両方受けることができます)

例えばiPhoneなどのスマホなら、6ヶ月間1000円割引の優待が年に2回受けられるので、携帯電話料金が年間で12000円(税込だと12960円)安く済むということですね。

私もソフトバンクグループの株主優待は長く利用しています。株主優待が適用されるとソフトバンクのSMSでこのようにメッセージが届きます。

ソフトバンクから株主優待の特典適用のメッセージ

「ソフトバンク携帯電話株主優待」「ワイモバイル携帯電話株主優待」および「インターネット株主優待」は併せて利用できるし、本人でなく家族でもOKです。

例えば「自分はiPhoneで子供は安いワイモバイル携帯で、ネットは戸建でSoftBank光を使っている」というケースだと、優待で年間32400円(税込34992円)お得になります。

また、ソフトバンクグループは2017年は1株あたり44円の配当を出しています。配当+株主優待で考えると他の株主優待と比べてもかなり高い利回りになります。

※2018年6月28日の情報です。変更の可能性もあるので最新情報は公式サイトでご確認下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「softbank株の買い方がわかった」「ソフトバンクの株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

ソフトバンクグループ株の買い方

ソフトバンクグループの株を買いたいという方は、まずはネット証券に口座開設をしましょう。

Softbank株の買い方ポイント

  • ソフトバンクの全事業に投資するなら親会社の「ソフトバンクグループ(9984)」の株
  • 携帯電話事業に投資するなら「ソフトバンク(9434)」の株

どちらの株もどこの証券会社でもすぐに買うことができます。

ここからは、子会社のソフトバンクではなく、親会社ソフトバンクグループの株の買い方を解説します。子会社のソフトバンクの株の買い方は別ページを参照してください。

ソフトバンクグループの株はネット証券に口座開設(無料)をすれば、普通に買うことができます。(参考:株の買い方

まずはネット証券の口座開設の手順を参考に、口座開設の申し込みをしてみて下さい。ネット証券の口座開設は無料で、維持費などもかかりません。また、キャンペーン中に口座開設をすれば、お金がもらえたり口座開設をするだけでお得な場合もあります。

例えば、 岡三オンライン証券 2019年3月29日まで限定口座開設で2000円がもらえるキャンペーンもやっています。2000円をもらって株取引をスタートできるのでお得ですよ。

ネット証券の口座開設は申込から数日かかります。口座開設が完了したら、ネット証券の銘柄検索で「ソフトバンク」や「softbank」または「9984」で検索をしてみましょう。9984はソフトバンクグループの株価コードです。

購入する資金をネット証券に入金して、買いの注文を入れれば買うことができます。現在ソフトバンクグループ株の売買単位は100株なので、そのときの株価×100円がソフトバンクグループ株購入に必要な資金です。

実際にソフトバンクグループ株を持っていると、孫さんの戦略などが楽しみになり、孫さんの動向や日経新聞から目が離せなくなります。白戸家のCMも株価とは関係ないけどなぜか楽しみになりますね。

ソフトバンクグループの株価

ソフトバンクグループの株価は、Yahoo!ファイナンスの株価情報などで見ることもできます。ソフトバンクグループの株価コードは9984です。

ただし、これは20分遅れのデータとなりますし、自動更新もしません。見れる情報も限られていますので、リアルタイムの株価やもっとより多くの情報をより速く知りたい方はネット証券で口座開設をしましょう。

ネット証券なら口座を持っていればリアルタイムの株価や詳しい情報、会社四季報のデータなどを無料で見ることができます。もちろん口座開設も無料で維持費などもかかりませんので、今すぐ取引をしないとしても株に興味があるならネット証券の口座開設は必須です。(参考:図解:ネット証券の口座開設の手順

また、マネックス証券のアラートメール (無料)などのサービスを使えば、指定した銘柄の株価を毎日メールや携帯メールにお知らせしてくれたり、設定した株価になったらメールで通知してくれたり、ランキングをお知らせしてくれたりと、わざわざ見に行かなくても勝手に株価や情報をお知らせしてくれるので、とても便利なサービスですよ。

ソフトバンクグループの株価がいくら以上(いくら以下)になったら携帯メールに知らせてもらえば、毎日株価をチェックしなくても安心していられます。株価が気になるなら、毎日ソフトバンクグループの株価を携帯メールに知らせてもらえばわざわざネット証券にログインしなくても株価をチェックすることができて便利ですね。

>> 有名企業の株の買い方
>> ネット証券口座開設の手順