MY CONCEPTS    since 2004.2.14 

welcome to oyajazz♪




    
    
DIARY 2009.7.5 更新

    DISC


    COLUM 


    
AUDIO

    BBS 

    LINK


    


メールはこちらまで

最新の日記はこのページの下へ



<Diary 2009年7月5日>

「久々の東京出張 その2」 

(6月15日)


研修は明日からでこの日は有給休暇とってジャズスポット巡り。
afturaのO崎さんに付き合ってもらいました。

今日の予定は神保町から茅場町界隈。
お昼ごろに神保町で待ち合わせ。

まずは腹ごしらえから。



 普通、ジャズスポットというと不味いコーヒーに食事メニューなんぞ無い…というイメージを持って
しまうのだが、一軒目に行った「アディロンダックカフェ」はそんなイメージは微塵も感じさせない。
店に入ろうとすると、OLさんの方々が店から出てくるではないか。

 このお店、元々は中古レコード屋の老舗「アディロンダック」で、お店の片隅には中古レコードを
並べているレコード棚もあり、もちろん購入することも可能とのこと。
 O崎さんもよくこのお店に通っているようで、マスターとも気軽に話しているご様子。


 写真は注文した「チキン照り焼きバーガー」。味はめちゃウマ♪。しかもご覧のとおり、ボリューム
満点で、会話そっちのけでとにかく食べるのに必死。

 客層、店の雰囲気、出てくるメニュー…一昔前のジャズ喫茶ではちょっと考えられないのではないか?
ジャズスポットというとどうしても「暗い」、「入りにくい」云々のイメージがあるが、このようなジャズの知識が
無くても、更にはジャズ通の方も十分楽しめる店はありそうでないもの。さすが東京。カルチャーの懐は
深いと思ったのでした。

二件目は同じ神保町のジャズ喫茶「Big Boy



 この店は以前に何度か足を運んだことがあるお店。
 JBLのスピーカー「4343」がカウンター奥に設置していて、そのカウンターの上にはPassのパワー
アンプが堂々と鎮座しているのだ。

 店内の写真撮影がNGなので、写真は店の外観のみ。
 写真撮影できないといっても、このお店は外からも中の様子が判るくらい開放的な感じのお店なのだ。
これだけ自然光あふれるジャズ喫茶はめずらしいと思うくらい店内は明るくカジュアルな感じ。重苦しい
雰囲気とは無縁だ。

 先ほどのアディロンダックカフェ同様にこのお店もジャズ的敷居が低いにも関わらず(誰でも入りやすい)
、オーディオも凝った装置を使っていたり、かかるアルバムも50年代から現代まで非常に幅広く、レコード
棚を見ても通好みのアルバムが並んでいたりするのだ。

 「敷居が低く、かつ通も楽しめる店」、今後神保町のジャズスポットには要注目だ。

 次に訪れたのは茅場町にあるジャズ喫茶「OSCAR

アバンギャルドのスピーカーを使っているというこのお店は、雑誌で存在は知ってて、今回の上京の際に
もっとも行ってみたかったジャズスポットの一つである。



 おーっ!、アバンギャルドだ〜♪

 ホーン部分が見慣れた赤や青、緑ではなく、渋いグレー。なんか硬派な感じがするのだ。
新しいお店だけあってお店の中もキレイ。ジャズ喫茶にありがちな雑然さが感じられないオシャレな
店内だ。



使用している機器はお店のHPに詳しく載っているが、やはりマッキントッシュのパワーアンプはカッコ
いいでございます。
CDもレコードも聴かせて頂きましたが、余裕あるサウンドが魅力的。特に女性ボーカルがいい感じでした。

土日・祝が休みなので会社勤めの方はなかなか行きにくいところではあるが、このお店も気軽に入れる
雰囲気がしていて、さらに店主も気さくな方なので、オーディオもジャズも始めたばかりという方は特に一度
足を運んで欲しい店とおもうのでした。


(6月17日)

研修も無事終了の17日。今晩はオーディオ仲間の出デンさんのところに久々の訪問。
今回は仙台転勤前に訪問して以来なので、ほぼ2年ぶりだ。今回はひゃおさんも一緒。

奥様とは同年齢・同郷・となりの中学校と、驚くほど共通点が多く、お邪魔した時はついつい地元の話で、
しかも田舎訛り丸出しで盛りあってしまうのでした(出デンさん、すんません)。

おいしいご馳走をたらふく食べ、飲んで盛り上がったあと、いよいよ出デンさんのオーディオ部屋へ…



ディナウディオのスピーカーは変わらずだが、パワーアンプがこれまでのアキュフェーズからLINNの
アンプに替わっている。

奥様のブログでは、その音を…

「前はこんな音じゃなかったはず・・・。もっとおしとやかな音だったのに・・・。」
「この変化はなんじゃらほい。音いい。なにこれ??もっといろんな歌聴いてたい。」


と、評している。
うむ、これは期待大!ということで、この日のために選りすぐりのCDを持参してきたのでした。

それで、実際に聴かせてもらうと…

〜♪

正直びっくりしました。
今まではどちらかというとやや穏やかな音というイメージがあったのが、音の切れ味、スピード感が以前
とは較べられないくらい増している。しかも音痩せせず、どっしりと根をはったような力強さも併せて
持っているのだ。
持参した現代ジャズのCDとの相性もばっちり。



このちっこい箱(値段はでっかい)のどこにそんなパワーがあるのか不思議なくらい。
諸手を上げての白旗でございます。
ここまで進化しているとは予想だにしませんでしたー。本当に恐れ入りました。

この後も出デンさんとひゃおさんは、アンプの裏側を見てあれやこれやのオーディオ談義。
「オーディオは上がり」とは言わず、今後も更に上を行く音で私を更に凹ませてくださいませ♪



出デンさん宅というと、やはり愛犬龍之介ちゃん。
写真も一杯とってきたので、ご覧くださいませ。







大分、おじいちゃん犬になりましたが、可愛さは相変わらず。
また機会があれば是非遊びに行きたいと思うのでした。