トップページ園のご紹介園の1年間1日の生活

園舎案内図園だより「かがやけ」入園案内

 



令和3年度 自己評価・学校評価 外部・施設関係者評価報告(最下表記載)

令和4年7月27日発行


           ▼
~心身共に成長した一学期を振り返りながら~



                             
   園長 境  公 子

      早いもので一学期が今日で終了し、明日から子どもたちが楽しみに

     している夏休みが始まります。


      一学期を振り返りますと、不安で一杯だった新入園児・保育室や机

     椅子・学年が変わり緊張ぎみだった進級児・・・一人一人違う思いで

     のスタートでした。年中・年少・満3歳の子どもたちは、今では友達

     と一緒に遊ぶ時間も増え、「〇〇ちゃん、おはよう」・「〇〇くん、

     バイ
バイまたね」と、自分から積極的に挨拶をする姿も見られます。

      また、バスを降りた後、さっと年下の子に優しく手を差し伸べ手を

     繋いでくれる年長の子など、一学期の後半になると色々な面で気遣い

     が出来るほど気持ちに余裕を持って登園する姿が見られました。そし

     てどの子も先生方や友達への信頼感が増し、「幼稚園に行きたい!

     と思う気持ちが一層強くなった学期でもあったと思います。

      さて、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、今年度も行事等

     は感染拡大防止のため、内容を短縮するなど工夫しながら行っており

     ますが、クラス毎に活動するなど通常の保育を行うことができており

     マスク着用については、以前より緩和されてきています。

     今、日常生活や子どもたちの保育・教育活動が徐々に通常に戻り

     つつありますが、これまで行ってきたコロナ対策・対応を引き続き行

     い、子どもたちの体調にも十分注視して参りますので、保護者の皆様

     には、改めて感染拡大防止へのご協力をお願い申し上げます。


      夏休みを目前に、全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者が増

     加の傾向にあり、感染が急拡大しております。夏休み中は怪我や事故

     には十分気を付け、お出かけの際は基本の感染対策を行いながらお過

     ごしいただきますよう、ご協力をお願いいたします。また、保護者の

     皆様には、一学期中の諸教育活動へのご理解とご協力、そして沢山の

     お力添えを頂き感謝申し上げます。本当にありがとうございました。










 行 事 予 定

    令和4年度 8月の行事
22 二学期始業式 (午前保育・預かり保育「リーブクラブ」あり)
25 二学期懇談会(ひまわり組・すみれ組)
27 園開放日「みんなで遊ぼう!夏祭りの集い」
30 誕生会(8月・9月生まれ)
二学期懇談会(ちゅうりっぷ組・たんぽぽ組)
31 避難訓練(地震・津波)


 8月の夏季休業預かり保育「リーブクラブ」

  8月1日(月)~8月19日(金)

   ※土・日・祝・休園日は行っておりません。


 
二学期始業式・・・【8月22日(月)

   ※午前保育・預かり保育「リーブクラブ」あり



 
二学期始業式
 
  
8月25日(木):ひまわり組・すみれ組】
    
  【8月30日(火):ちゅうりっぷ組・たんぽぽ組】
 
   
両日とも午前保育・預かり保育「リーブクラブ」あり
 
      (リーブクラブご利用の方→お弁当持参)



 各クラスから








 いよいよ明日から子どもたちが楽しみにしている夏休みが始まります。
 一学期は、幼稚園での過ごし方を学んだり、行事を最後まで頑張ったりしながら、何事も一生懸命取り組む子どもたちを見る事が出来、本当に嬉しく思います。二学期も友達との関わりを大切にしながら元気に過ごしていきたいと思います。
 夏休み中は、怪我や事故の無いよう、気を付けてお過ごしください。休み明け、元気な姿の子どもたちに会える事を楽しみにしております。







 いよいよ明日から子どもたちが楽しみにしている夏休みが始まります。
 入園・進級してから約4か月が経ち、子どもたちは普段の生活や様々な行事を通して沢山成長する事が出来ました。身の回りの事を自分の力で頑張ろうとする姿がとても素敵です。二学期も皆で仲良く遊びながら、楽しく過ごしていきたいと思います。
 夏休み中は、事故や怪我の無いよう十分気を付けてお過ごしください。夏休み明け、元気一杯のたんぽぽさんに会える事を楽しみにしています。










 いよいよ明日から子どもたちが楽しみにしている夏休みが始まります。入園・進級してから今日までを振り返るとあっという間で、日々の生活や行事を通して一人一人が大きく成長する事が出来ました。特に運動会では、友達と協力する事の大切さ最後まで一生懸命頑張る事の大切さを学び、クラスの団結力が高まったように感じます。二学期も沢山の事を経験しながら、仲良く過ごしていきたいと思います。
 夏休み中は、事故や怪我に気を付け、楽しくお過ごしください。







 4月の進級から今日までの一学期を振り返ると、様々な楽しい思い出が思い返されます。
 皆で心を一つに頑張った運動会・芽や葉の成長を毎日喜びながら観察した花育活動等、沢山の事を感じ、学びながら過ごす事が出来ました。また、日々の生活の中でも、皆で助け合い、協力し合いながら成長する事ができました。
 二学期も沢山の行事を楽しみ、皆で過ごす時間を大切にしながら元気一杯過ごしていきたいと思います。休み明け、元気な皆に会える事を楽しみにしています。







 いよいよ明日から子どもたちが楽しみにしている夏休みが始まります。
この一学期を振り返えると、沢山の行事を通して一人一人が大きく成長することが出来ました。
 特に運動会やお楽しみ会では、「諦めずに挑戦することの大切さ」や、「皆で協力する事の大切さ」を学び、クラスの絆も更に深まりました。二学期も一日一日を大切に過ごし、クラス皆で楽しい思い出を沢山作っていきたいと思います。
 夏休み中は、事故や怪我に気を付けてお過ごしください。

      令和3年度 自己評価・外部・施設関係者評価報告

                   令和3年度 自己評価結果

1.学校の教育目標
 【元気な子】健康第一という考えです。「行う・働く・作る」という「ごく日常的な自らが行う力と心」を育てる。
 【仲良く遊ぶ子】友達と様々な交流の中で人を愛することや物を大切にすることの大事さを感じさせながら、思いやり         の心を育てる。
 【考える子】正しく物を見ること、正しいことを覚える事、そしてすききらいだけでなく、良い・悪いの判断をしっか       りもてるような考えを育てる。

2.本年度に定めた重点的に取り組むことが必要な目標や計画をもとに設定した学校評価の具体的な目標や計画 専門的  な知識や技能を身に付けるための自己研修や外部との研修機会に積極的に参加していく。
  園内研修を多く取り入れ、互いの保育を検討・評価・反省を加え、子どもの保育が更に充実したものになるようにす
  る。

  地域の関心を深め、子どもたちが住んでいる「地域の良さ」を伝えられるようにする。

3.評価項目の結果と達成および取り組み状況

Ⅰ 保育の計画性

結果

取り組み状況

1.園の教育理念・教育方針の理解

A

各研修会(オンライン)に積極的に参加し、新たな教育要領の理解に努め、教育課程の編成にあたる

保育計画の評価・反省を生かすことができたが、次年度に向け、更に生かせるよう努力する

2.幼稚園教育要領の理解

C

3.教育課程の編成

A

4.指導計画の作成

B

5.環境の構成

B

6.保育計画の評価・反省

C

 

Ⅱ 保育の在り方・子どもへの対応

 

1.健康と安全への配慮

A

安心・安全に活動できるよう、話し合いの中で重点的にアレルギーや自然災害時の確認事項を共有できている。

保育者同士の協力・連携が強化され、子ども理解を中心とした保育を考えていく意識が向上することに繋がった。

一人一人の子ども良さを認め、子どもたちが工夫して遊びを発展させ、協力して遊ぶことができるような環境づくり等に努め、自主性や創意・工夫に繋げることを日々の目標にする

2.子どものみとりと理解

B

3.指導との関わり

B

4.保育者同士の協力・連携

B

 

Ⅲ 保育としての能力や良識・適正

 

1.専門家としての能力・良識・義務

A

子どもの主体的・対話的で深い学びを大切にしつつ、より専門性を高めようと努力することで教師としての資質や能力・良識・適性を高め、保育の質を高めていきたい。

各研修会や研究会が少ない中、リモートでの研修等に多く参加し、学んだことをまとめ・提供し共通理解を図る

自ら考える力・想像力を更に持てるよう更に努力する

2.組織の一員としての在り方

A

3.保育者としての保育の楽しみ・喜び

A

4.まわりを感じ取れる感性・アンテナ

B

 

Ⅳ 保護者への対応

 

1.情報の発信と受信

A

園だより・懇談会、園開放ホームページを活用して情報を発信する

個人情報等の守秘義務の共通理解を毎月図る

個人情報(USB・写真・その他)の取扱い方を共通理解する

2.協力と支援

A

3.守秘義務

A

4.対応上のマナー・良識

A

5.意見交換と受付

A

 

Ⅴ 地域の自然や社会との関わり

 

1.情報の発信と受信

B

新型コロナウイルス感染症の影響で、人々との関わりを持つことが出来なかったが、次年度は少しづつ関りが持てる様工夫していきたい。

地域開放事業を行い、関わりを多く持てるようにする

2.地域の自然・人々との関わり

A

3.地域への開放と支援

C

 

Ⅵ 研修と研究

 

1研修・研究への意欲・態度

B

オンラインやリモート研修参加の意欲を持つよう努力する

園の遊具に興味を持ち、学年による違いや利用の工夫をする

色々な人との意見交換などを通して自らを高める努力をする

2.教材研究

B

3.自らを高めるための学習

A

 評価基準・・・A→大変よくできている  B→よくできている  C→どちらでもない
        D→あまりよくできていない  E→努力したい


【外部・施設関係者評価】
Ⅰ 保育の計画性 結果
1.園の教育理念・教育方針の理解 A
2.幼稚園教育要領の理解 B
3.教育課程の編成 B
4.指導計画の作成 B
5.環境の構成 A
6.保育計画の評価・反省 B
園の教育理念や教育方針の実現に向けて、具体的に取り組んでいると感じた。細やかな工夫を重点的に置き実践を重ね、保育・教育に取り組んでいることが分かる。
Ⅱ 保育の在り方・子どもへの対応
1.健康と安全への配慮 A
2.子どものみとりと理解 B
3.指導との関わり A
4.保育者同士の協力・連携 B
健康・安全について、細やかに計画され配慮されていることが分かる。
令和3年度も新型コロナウイルス感染症の影響が多々あったが、そのような中でも子どもたちの健康・安全を守ることを第一とし、子どもたちが不安を抱かないよう、工夫して保育・行事を行われ極めて良好だと感じる。
園長を中心に、保育者同士の協力・連携が極めて良いと感じる。
Ⅲ 保育としての能力や良識・適正
1.専門家としての能力・良識・義務 A
2.組織の一員としての在り方 B
3.保育者としての保育の楽しみ・喜び B
4.まわりを感じ取れる感性・アンテナ A
子どもとの関わりを見る限り、保育・教育に対する意識が高いと感じる。具体的に、子どもたちが笑顔で伸び伸びと幼稚園生活を送っている様子や、子どもへの接し方・言葉がけ・周囲への目配りがある。新型コロナウイルス感染症の現状を一人一人がしっかりと把握し、令和3年度の保育に関する反省点を次年度に生かしてほしい。
Ⅳ 保護者への対応
1.情報の発信と受信 A
2.協力と支援 A
3.守秘義務 A
4.対応上のマナー・良識 A
5.クレームに対する対処の仕方 A
園長を中心に、しっかりとした対応ができていると感じる。迅速な対応を心掛け、保護者との良好な関係を持とうとする姿勢が感じ取れる。
新型コロナウイルス感染症の影響で、保護者との関わり(対面)が少ない中、電話やメールを駆使し対応している。
Ⅴ 地域の自然や社会との関わり
1.情報の発信と受信 B
2.地域の自然・人々との関わり B
3.地域への開放と支援 C
令和3年度も、新型コロナウイルス感染症の関係により、外部との関わりが持てない中であったが徐々に回復している状況がみられる。しかし、通常に戻った訳ではないので評価が低くなっている。
Ⅵ 研修と研究
1研修・研究への意欲・態度 B
2.教材研究 B
3.自らを高めるための学習 A
 新型コロナウイルス感染症の関係により、なかなか研修を行えない一年だったが、オンラインやリモート・自宅や園内研修に意欲定期に参加していた。  


評価基準・・・A→大変よくできている  B→よくできている  C→どちらでもない
        D→あまりよくできていない  E→努力したい

▲ページ上へ移動▲