歯磨き、口臭にも

これでもあなたは歯磨き粉を使いますか?


口臭が気になる方が一番多いようですが、対応は簡単です。
セラミックシートを洗面所や流しに取り付け、その水で歯磨きをしたり飲んだりします。


コップに冷蔵庫番チップを入れ、自然塩をお使い下さい。
危険な歯磨き粉は必要ありません。


殆どの歯磨き粉は有害です。


市販の歯磨き粉には発泡剤としてラウリル硫酸ナトリウムが使われています。
合成界面活性剤の一種で、細胞膜を破壊して細胞を死滅させます。


歯を磨いたあと味が変わってしまうのは
歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤が舌の味を感じる細胞を一時的に壊してしまっているからです。
修復はされますが、繰り返すことにより味覚障害の原因にもなります。


口の粘膜には角質層が少ないのでバリアー機能がほとんどなく
有害物質は簡単に吸収されてしまいます

口の粘膜吸収は経皮吸収の約13倍もの吸収率であるといわれています。


ほかにも香料や人工甘味料等が含まれています。
薬害肝炎等の対応等お粗末の限りですが、これが現実です。
厚生労働省の目は国民の命より大企業に目が向いています。


参考に私のご挨拶もお読み頂けたら幸せます。


歯磨き剤に含まれるラウリル硫酸ナトリウムの実験


歯磨き後に8回うがいをした後のうがい水のラウリル硫酸ナトリウムの残留濃度測定結果
は4.1ppmほどあったそうです。
8回でこれですが、殆どの人が2,3回ではないでしょうか


水道水の水質基準は陰イオン系界面活性剤で0.2ppm以下です。
0.45ppmでヒアユの50%が死んでしまったという調査結果


からしても如何に危険かお分かりいただけるでしょう。

トップページへ


御注文はこちらから

営業日・支払い方法
返品について

こちらを