道院長プロフィール

道院長 桒原誠司(大導師 正拳士 五段 436期生)
           (愛知名古屋南第3小教区長)

年齢は40代 名古屋市内で電車の仕事に関わってます。                                

(金剛禅総本山少林寺の道院長は必ず本業を持ち、少林寺拳法の指導による対価を得ないことになっています。)
 

 運動が苦手で弱虫、近所の同級生が少林寺拳法を習っていたので親に無理矢理入門させられて早いもので約30年、途中10年程休んでいましたが子供と一緒に習いたいと復帰、そして道院長に。39歳最後の日に癌を患い、身体障害者に。
少林寺拳法のおかげで何事も前向きにとらえることが出来たと思っております。
我々は今を生きています。人生はどこでどうなるかわからないですね~


道院長から一言( *´艸`)
 物事を始めたい時は誰でも悩むものです。年齢・性別・学校・部活・塾・仕事・飲み会♪等の付き合い・・・。
年齢性別は関係ありません、いつ始めても遅い事はありません。自分自身が始めたいと思った時が始める時です。私自身も修行中であり、自慢出来る経歴等がある道院長ではないです。私の指導方針は大会や昇段昇級を提案しますが強制はしていません。「少林寺拳法を楽しもうぜ」の精神で指導しています。健康面で不安のある方はご相談下さい。一緒に少林寺拳法を修行しましょう(^^)