ごあいさつ

校長会長写真

 今年度,理事会で,会長に選出されました,塩竈市立第一中学校の桂島晃でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 さて,ご承知の通り,昨年10月に,全国各地から約2,200名の校長先生方をお迎えし,本県で全日本中学校長会研究協議会を開催しました。東日本大震災時に寄せられた全国からの支援に対する感謝と確かな絆を実感して着実に前進することができたことへの御礼の気持ちを込めて,確かな復興への道を歩んでいる宮城の姿を伝えたく,県内の中学校長が一丸となって取り組んだ大会でした。大会終了後,全国各地から「閉会式での子どもたちのタイヤ和太鼓演奏や合唱に感動し,自然と涙があふれた。」「先生方の並々ならぬ努力よって,宮城県の復興が着実に進んでいることを感じた。」「宮城県と仙台市校長会の連携が図られ,おもてなしの心に満ちた素晴らしい大会であった。」等,高い評価を得ることができました。成功裡に終えたことを報告し,ご協力いただいた皆様に,改めて感謝を申し上げます。
 全日本中学校長会は「学校からの教育改革」を目指しております。教育改革が進む中で,中学校教育の実態を踏まえた成果と課題を的確に把握し,各校で改善を進めるとともに,関係機関等に意見表明していくことは全日中の使命であり,その役割は,本県中学校長会も同様であります。
 校長は行政の末端であり,国や県及び市町村教育委員会が示す様々な施策について,正しい情報を収集し見通しをもって自校の学校経営に積極的に取り入れることが大切であると考えます。教育改革の施策等を実効性のあるものにするかしないかは校長の手に委ねられているといっても過言ではありません。未来ある中学生のために,地域や保護者,生徒の実態を踏まえた実践を積み重ね「学校からの教育改革」を進めなければならないと考えています。
 私の好きな言葉に「一隅を照らす(一燈照隅)」という言葉があります。「与えられた場所をしっかり照らす。」「その仕事をする上で,なくてはならない存在になる。」という意味です。校長一人一人が一隅を照らせば,やがてそれが集まり大きな燈となり,宮城の子どもたちの未来を明るく照らすことになると考えております。
 宮城県教育委員会及び市町村教育委員会のご指導をいただきながら,会員相互が研鑽を深めつつ,学校の最高責任者として学校運営に邁進し,宮城の教育の一層の充実発展に貢献することを誓い挨拶といたします。


宮城県中学校長会会長        
塩竃第一中学校長 桂 島  晃


事務局移転のお知らせ

平成29年度から,宮城県中学校長会事務局は 多賀城市立第二中学校内 に移転しましたのでお知らせいたします。

宮城県中学校長会事務局
〒985−0851
宮城県多賀城市南宮字八幡170
多賀城市立第二中学校内
TEL  022−309−1351
FAX  022−309−1352
E - mail  miyagi-kochokai@wine.plala.or.jp

本サイトについて

このホームページは,会員並びに県民の皆様に本会の日頃の諸活動の一端を紹介するために作成したものです。

ここに掲載される記事および写真等すべての著作権は、宮城県中学校長会に帰属します。

新着情報

2017/07/31
会報140号
2016/07/25
会報139号
2015/12/10
会報138号
2015/07/30
会報137号
2014/12/16
会報136号
2014/08/08
会報135号
2014/06/04
ホームページサーバー移転 リニューアル