IPOに当選するための3つのテクニック

IPOをたくさん当てるためには少しでもたくさんの申込みをすることが基本になりますが、IPOの抽選では抽選前に資金を用意しなければいけないので、普通は資金がたくさんなければ同時期にたくさんのIPO申込みはできません。

ここでは少しでもIPO当選確率を上げるための3つのテクニックを紹介します。少し詳しいかたなら知っているかもしれませんが、こういうので少しでも当選確率を上げていくことでIPOにも当たりやすくなります。

前のページで紹介したIPO当選確率を上げる方法が基本です。この基本をしっかりとやることが一番当選確率が上がります。そのうえで、さらに当選確率を少しでも上げる方法として実践してみて下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加  

1.SBI証券でポイントを貯める

SBI証券では、IPOの申込に外れるたびに、ポイントがもらえます。そのポイントを使ってIPOに申込みをすると、当選確率を上げることができます。

当選確率を上げるために普段からたくさん申し込みをしておき、「ここぞ!」というときのためにIPOポイントを貯めておくんです。

IPO申込みでポイントを使っても、当選しなかった場合は使ったポイントは元に戻ります。普段からなるべくたくさんのIPOに申込みをしてポイントを貯めておき、LINEや日本郵政の上場時のように、話題になって大きく値上がりしそうなIPOが来たときにまとめて大きくポイントを使って確率をあげていく、これがSBI証券のIPO攻略法です。


SBI証券

2.資金がなくても抽選に参加!IPO申込時の事前入金不要のネット証券

岡三オンライン証券とライブスター証券はIPOは事前入金不要で、IPOの申込時には資金はまだ入金していない状態でも抽選に参加できて、当選したら抽選後に資金を入金すればいいんです。つまり、買付余力ゼロのままでもIPOの抽選に参加できる!これは便利ですね。

IPOは人気なのでたいてい抽選になりますが、通常は申し込みの時点で資金が必要で、普通はIPOは「当たるかどうかはわからないけど資金は先に用意しておかないと抽選に参加できない」んですよね。

なので、2つの証券会社から抽選に参加しようと思ったら、当選したら買えるだけの資金の2倍の資金を準備する必要があるんです。

しかし「事前入金不要」の証券会社だと申し込み時点では資金の余力がなくてもいいので、残高ゼロでも抽選に参加できます。当選したら他の株を売ったり入金して資金を用意すればいいんです。

事前入金不要の岡三オンライン証券とライブスター証券に口座を作っておき、どちらかがIPOを取扱いしたら他のネット証券と同時に岡三オンライン証券とライブスター証券からもIPOの抽選に申し込みをします。

これで資金がちょうどしかない場合でも、同じIPOの銘柄に最大3つの証券会社から抽選に参加することができます。

IPOの取扱数はそこまで多くないのであくまで当選確率を上げるための補助という形ですが、資金を入れなくても抽選に参加できるので口座を持っておいて損はありません。

※岡三オンライン証券は入金タイミングに注意してください。当選した場合、入金締切日の15時までに買付余力がないと当選がキャンセルされ落選となってしまいます。銘柄によって違いますが、早い場合は抽選の翌日が入金締切日ということもあるので注意が必要です。

3. SMBC日興証券で補欠申し込みをする

SMBC日興証券(日興イージートレード)のIPOは当選しなかった場合は全て補欠(キャンセル待ち申し込み対象)となります。

他のネット証券だと「補欠」と「落選」に分かれますが、SMBC日興証券の場合は全員補欠になるんです。そして、補欠になった後には「補欠申込」の手続きをしないと繰り上げ当選はしません。

補欠になってそのまま補欠申し込みをしない人もいるので、チャンスはあります。補欠(キャンセル待ち)なので数は少ないですが、補欠で申し込みできるのはブックビルディングに参加した人だけ。そして「補欠の申し込み」をしないと繰上げ当選はしませんので意外と申込者も少ないです。

補欠申込のやり方は SMBC日興証券 にログインし、「お取引」をクリックし、「新規公開株」のところにある「申告状況一覧・申告取消・募集申込」をクリックすると申し込みができる銘柄が出てきます。参考:補欠申込の手順(SMBC日興証券)

 

さて、3つのテクニック、参考になりましたか?IPOはとにかくたくさん申込んで抽選確率を上げることが基本です。IPOメインで株を始めるなら、IPO取扱の多い定番のマネックス証券SBI証券 SMBC日興証券 と、ここで紹介した方法で資金を拘束されずにIPO抽選に参加できる 岡三オンライン証券 ライブスター証券は押さえておくとよいでしょう。

もちろん全て口座開設・資料請求・口座維持にお金はかかりません。実際に株の売買をしたり、有料の情報ツールの申し込みをしなければ一切お金はかからないので安心して下さい。

 

さて、ここで裏技を1つ紹介します。

 

裏技 : 資金がなくてもIPO申込

これは危険も伴う諸刃の剣です。自信のない人はやめておいて下さい。

キャッシングのノーローンを使った方法です。ノーローンは1週間無利息キャッシングで有名ですが、一度完済してしまえば翌月以降、次に借りる時もまた1週間無利息、毎月1回、1週間無利息で使えるんです。

1週間。IPOのブックビルディングにぎりぎりで申込んで、もし外れてしまったら出金して全額返済、1週間あれば間に合います。支払い利息はゼロです。完済しているので次もまた1週間無利息で借りることができます。

当選したら数日分の利息くらいは払ってもいいでしょう。IPOに当選したなら数日分の利息を払っても十分おつりがくるくらいの利益は見込めるでしょうから。

あくまでこれは資金のない人用の裏技です。自己資金がある人はそれを使ってIPOの申込をしたほうがいいでしょう。この方法では1週間を過ぎると利息がしっかりかかります。例えば年利18%の場合に10万円借りると1日約50円ずつ利息が増えていきます。IPOだけで使っていればいいのですが、お金を増やすためにカードを作って、他の用途で使って借金ができしまっては本末転倒ですので、この技を使う際はご注意ください。