+ 公益財団法人杉山検校遺徳顕彰会

公益財団法人杉山検校遺徳顕彰会

杉山検校遺徳顕彰会の
ホームページへようこそ

管鍼術の開祖、鍼管・鍼を持つ杉山和一座像

杉山和一総検校
日本の鍼,鍼管の発明者
視覚障碍者教育のパイオニア

杉山検校遺徳顕彰会旗の写真

杉山検校遺徳顕彰会旗

  公益財団杉山検校遺徳顕彰会は昭和9年に会旗を作成しました。旗は濃紺で縁は金モール、中央に本会の徽章が金糸で刺繍されています。
 シンボルマークは本会の徽章です。杉山和一の家紋の九曜星、その下に管鍼術考案を意味して鍼管と鍼があしらわれています。
 九曜星とは、古代インドの占星術で扱った九つの天体が神格化し、日本に伝わると、九曜曼荼羅として信仰されたり、家紋として用いられたりしました。


   Copy Right Sugiyamakengyou itokukensyokai Since 1930