上の写真の外側部分。
ササゲは昨年より密植し、天候も良くなかったが色は昨

年より良いと思います。お客さんも元気で青々としている
といわれます。

右側の箱は太陽光発電、計測器等のキャビネット。
9月30日撮影

小社では太陽光発電能力アップの目的でセラミックチップを2,3メートル間隔で屋根に設置しました。発電能力
も上がりましたが、信じ難い能力の高さが分かりました。雨水は秒速約7メートルですが、14年5月ころ建物の周り

に昨年に続き、18ササゲの種を植えたのですが、成長すると窓が拭けなくなるので1年ぶりに窓ガラスを拭こうとし
ましたが、その必要がありませんでした。窓ガラスだけでなく網戸も新品かと思える程汚れていませんでした。

セラミックの付近を通過する水が一瞬の内に洗浄能力等を持った水に変化し、雨が降る度に、洗浄してくれていた
としか考えられません。トイレの窓は雨が降っても閉めませんから、横殴りの雨の時は必ずさんが汚れていましたが、
汚れなくなりました。網戸にも壁にも汚れが付着していないからです。

来られたお客さんはササゲを見て緑が濃く元気といわれますが、雨水が成長促進作用も持つからです。10月1日
昨年種を差し上げたMさんが来られたので、出来は如何ですかと訊ねると全滅といわれました。植えた時期もゴー

ルデンウイーク頃と言われたので、小社とあまり変わりません。私も種を植えて育てるのは昨年が初めてで、農家で
はありませんから植え方の知識は殆どありません。昨年植えた種は隣の立川さんからのもらい物で、今年植えたのは

昨年取れた種ですから、Mさんにあげた種も小社で植えた種も違いはありません。セラミックの水を掛けたかどうか
の違いだけと思われます。

雨がかかるところのナットの方が掛からないところより錆びないことが分かったので、酸化還元電位計を購入して、
15年11月1日夕方降った雨をコップに取り測定すると249〜250mvでした。雨水の電位は800〜1000ですから、
還元能力の確かな証明です。(使った雨水とセラミックの距離は1.2m〜2.2メートル)

窓ガラスは殆どの方が定期的に掃除します。高層ビルや展望タワー等は経費もバカになりませんが、セラミックを使
えば、雨が降る度に無料で掃除してくれますし、透明度が違います。建物も長持ちしますから、メリットは計り知れま
せん。

セラミックの不思議な能力公開実験。

チップで変化した水の洗浄効果を示しています
チップで変化した水の洗浄効果を示しています

更に4ヶ月経ちました。右端のカナメは最初に紹介した画像からはとても考えられない勢いです。
新たに植えた4本の内、一番右ののカナメは右隣のカナメの勢いが良すぎて取り込まれつつあり

分かりにくいですが、4本とも同じ位に育っています。チップにより変化した水の植物への成長促進
作用や病虫害への効果の確かな照明です。

チップで変化した水の植物成長促進作用の証明写真です
チップで変化した水の植物成長促進作用の追跡証明写真です

15年1月4本追加しました。セラミックは手前側屋根の縁に温水器分も含め、4枚取り付けてあります。温水
器の右側には取り付けていませんから、右端のカナメがチップの影響は少なくなります。肥料は撒いてい
ませんが、真ん中のカナメの近くには以前から、貝殻を捨てています。成長差は13年に植えたカナメのよ
うに差が出ていません。これもチップが雨水を変化させる確かな証明です。右端のカナメの勢いが良いの
は西日がよく当たるからと思われます。条件が良くても育ちが悪かったのですから、チップの効果のほどが
分かると思います。

チップで変化した水の植物成長促進作用の追跡証明写真です
チップで変化した水の洗浄効果を示しています

ハウスクリーニング業消滅?

前回の撮影から7ヶ月経ちましたが、右側の2本の方が葉がよく茂っています。木の高さは
左の方が少し高いですが、日射量が少ない影響の差と思います。

チップで変化した水の洗浄効果を示しています

雨水で綺麗になる網戸の検証


下の網戸は昨年10月に雨水のかからな
い北側の網戸を移したものです。網戸の

左半分はセリ場の屋根の下に有るので右
側より、雨が掛かりにくいのですが、下の拡

大写真で見ると、右側部分は汚れが完全に
落ちています。左側もやがては右のように綺

麗になります。

14年7月8日撮影

水も掛けず拭き掃除もしていませんが、網戸
にゴミが付着していません。

拭いていないことはゴーヤの弦が絡まったまま
なので分かると思います。

15年1月頃新たにベニカネメ4本植えましたが、先端が塀の上に出てきたので公開します。

松井家の北側からの写真です。屋根の右上は太陽
熱温水器で写真には写っていませんが左側に2メート

ル位のところまで太陽光発電のパネルがありますが、
その中央に発電能力アップと劣化を遅くするためにセラ

ミックを置いています。13年春同じ種類、大きさのベニカナメ
を3本植えました。左と中央と右端に写っていますがセラミッ

クに近い程大きく成長していますし、右端は殆ど虫に喰われ
ています。

雨水にも影響することを確認したので、少し能力の落ちる
セラミックを14年10月12日温水器に追加しました。窓ガラスが綺麗

になり、庭木のも良い影響があるだけで無く、ペンキも長持ちし、
家屋の劣化が更に遅れると思います。

私の車にもチップを2個貼り洗車もしませんが、雨水が綺麗にして
くれます

以下4枚の写真、何れも14年10月12日撮影

左の2枚の写真は1階部分窓ガラスの写真です。
左は汚れていませんが、右は汚れています。

左が汚れていないのは、降り注ぐ雨がセラミックの
影響を受けて、洗浄能力が上がることを裏付ける

ものです。
窓ガラスの大きさは違いますが、撮影は地上から
同じ高さですし、ひさしの形も同じですから、雨の掛

かる条件にも殆ど差は有りません。
前回窓を拭いたのは13年12月です。

虫に喰われたベニカナメ。

チップから離れたベニカナメにはほんの僅かしか葉が
残っていません。セラミックの影響を受けた水を掛ける
と病虫害に強くなるという証明です。

今後は雨が降る度にチップの影響受けた雨水が
降り注ぐので元気になると思います。
10月13日撮影


上の2枚とも14年10月27日撮影

予測通り、復活しています。19日にもセラミックを追加しました。右側は拡大写真ですが、新芽は全く虫
の被害に遭っていません。

12日の写真でも僅かですが葉が残っています。13日の柳井市の降水量は53ミリと非常に良いタイミ
ングで雨が降ったので、復活が早かったと思います。その後、21日5.5ミリ22日6.5ミリ降っています。

セラミックが降り注ぐ雨水にも影響を与え、機能水に変化し、家の劣化も防ぐので、10月19日二階屋
根、11月2日一階と二階に太陽光パネル部分も含め追加したところチップによる発電の力アップが確

証さ、太陽光発電能力が少なく見ても、更に7%は上がるという、有りがたい結果が出ました。