本文へスキップ

Motorcycle Race standard 九州・中国ST125

2018 リザルトRESULT


Rd.1 HSR九州 
3/25
 Rd.2 ナチュラ
4/15
 Rd.3 HSR九州
5/20
 Rd.4 KKW
7/1
 Rd.5 ナチュラ
8/19
 Rd.6 HSR九州
9/9
 Rd.7ナチュラ
10/7
 過去ページ


7月01日 ST125 Rd.4 北九州カートウェイ-KKW 



北九州カートウェイ




SUZUKIのニューカマー
 GSX-125R
 


ポールポジション賞
マイスタークラス:#41 金原 直樹 チャレンジクラス:#5 城川 将剛  
副賞はFASE Racingよりマルちゃん正麺の詰め合わせ



チャレンジクラス表彰
優勝:#53 城川 将剛 2位:#14 藤井 3位:#21 山下 正人

本レースを持って#53 城川選手はマイスタークラスへ昇格

 
総合表彰
 優勝:#41 金原 直樹 2位:#15 池田 一史 3位:#53 城川 将剛

総合優勝 #41 金原 直樹  H.M.F   [マイスタークラス]
KKW戦!

行ってきましたKKW!
天気が心配でしょうがなかったんですが、何とか雨もやんで、更にむし暑い日になりましたね。

一年ぶりのKKWということと、苦手なウエットパッチが残る路面にビビりながらFPは走りました!
1コーナーで1度フロントが滑って転けそうになったのは秘密です( ̄▽ ̄)
路面も乾いてきて、それなりには攻めれるようになったかなというところで予選。
自己ベスト更新し、ポール!!

決勝では、ST125初のキャンギャルに傘さしてもらい、何気に嬉しかったのも秘密です( ^ω^ )
スタートは成功し、1コーナーはホールショット!
その後は、池田さんが後ろにいたのが分かったので、必死こいて走りましたね〜!
12周があっという間に終了してチェッカー!
優勝できました。
商品にタイムリーな扇風機も貰えて、超うれしかったりします。

城川さん、マイスター昇格おめでとうございます^_^

スズキのGSXR125にちょっと載せてもらいましたが、コンパクトで、トルクもあり、かなりポテンシャルありとみましたよ!

今回も皆さまお世話になりました!
また次戦もよろしくお願いします( ̄▽ ̄)





  

総合2位 #15 池田 一史  池田設備&西之森倶楽部   [マイスタークラス]
久しぶりのST125

 某色店主に誘われ急遽参戦させていただく事となりましたお久しぶりのIKD06です。

 初のKKWということもありコースでも覚えておこうと思いましたけどサッカー観戦が忙しくってそれどころではありませんでした。
「手ブラで通えるゴルフレッスン」の看板を横目に「打つ時おっぱい丸見えじゃん」と思いつつ着いたところがKKW。

小さなコース、久しぶりの125(ブレーキってこんなに効かなかったっけかな?)、前日の悪天候のため所々にウエットパッチと流れてきた芥や砂。
 慎重にFP1、FP2、とこなしスプロケとポジションの確認しFP3にはほぼドライコンディション。
予選では決勝レースの展開を想定しパッチを避けて通ってた最終コーナー手間とその手前のコース取りをアウト〜アウトラインを砂のあがっていない最インを取ってみたところ3周目に目撃者おらずの地味に転倒、、、、
ハンドルが内側に曲がってたので叩いて治して最アタッ、、ク、、、ステップが折れててOrt、、、、
 ピットに戻り修理しましたが予選間に合わず終了。

予選結果4位、前3台は強豪ぞろい、まるでベルギーに戦いを挑む全日本。
しかしグリットに着くとフロントロー3台との間隔は短いし目の前は1コーナーイン側スタートさえしっかりと決めればなんとか。

 サイティングラップを終えて気がついたのがスタート合図が???シグナル??フラッグ??振り上げ??振り下げ??
こーなりゃ目をつむってっ! うまくいきましたw 恐るべし心眼

 なんとか2番手で1コーナーへ、前を行くK原さんへぴったり着くがじわりじわり離され3周目には後ろから突かれ始めインを締めつつ前を追うが離される一方。レース後半よりポーランド戦ごとく守って守ってなんとか2位チェッカー。
なんか申し訳なかったです(笑

 心配された天気も急激に良くなり北九州ラウンド参加の皆さんと楽しめたでした。また石○選手に貸していただいたマシンありがとうございました。
機会があればまたよろしくお願いします(社交辞令w

あと決勝ラップ12周でした? 11周だった気がしますが、、、。









  

総合3位 チャレンジクラス 優勝 #53 城川 将剛  ロシナンテ   [チャレンジクラス]
2018 Rdー4 KKW戦

去年と同じことをしているなあ。もうちょっと仕事の方を充実させないと・・・・・。
前日、スペアホイールに去年使うつもりで結局使わなかった新品タイヤを履かせたところでシンドクなって、就寝。
明日早起きしてバイクに組めばいいやと思っていたがちょっと寝坊。
バタバタやってKKWについたときはFP1まで30分を切っている。
スーパーメカニック?&スーパーライダーの田中さんがいろいろお世話してくれたおかげで、貴重なFP1を無駄にしなくて済んだ。
いつもだけど、今回は特に全然グダグダな走りしか出来なくてもガッカリしないようにしようと心に決めて挑んだ。
FP1からFP3まで用意が悪くてタイムは測れなかったが、少しづつ良くなっている感じはあった。
しかし去年と同じように後半に行くにつれ、コース上で他のライダーに出会う回数が減っていく。ライバルたちも短い時間でアジャストしているようだ。金原さんだけは最初からペースが速い。

途中で店主殿の御好意でGSX-Rに試乗させて頂く事になった。
マフラーがノーマルだったりとかまだ仕上がってないという事なので、単純比較はできないかもしれないけどYZFとはずいぶん違うなという感じだった。
跨ると足がベタ付き、YZFはシートを数センチ下げていたも千鳥足だ。自分のトリッカーよりさらに余裕がある。座面が低いだけでなく、車体がかなり細いのではないだろうか。
ピットロードを走っている感じから全然違う。アクセルのピックアップが鋭い。思わずガクガクさせてしまった。おっかなびっくりさせながら走らせていたのであまり開けられなかったのかもしれないが、回してみると意外と軽 い感じだ。ノーマルマフラーだからということだが、店主殿はそれでも全然まわりについて行けたとの事。まあ、音に随分騙されている部分はあるか。
何よりも操作感がとても軽かった。初めて乗ったバイクなのに馴染み感が半端ない。思わず、全開で走ってみたいという誘惑に駆られる。
もし、今ST125を始めようとしていたとしたら、迷わずこれにするだろうな。まあ、資金が無いのでしばらくはこのままで・・・・。
ZX125RRとかでないかなあ?

予選はなかなか抜けないライダーが前にいてクリアラップがとれたのは最後の1〜2週だったと記憶しているけど、敢えて間隔を取ってクリアラップ作ろうとは思わなかった。せっかくst125マシンがたくさん走っているのでみ なさんの調子が上がってきたところでいろいろ練習したい気分だったのだ。でもほとんどミスのない綺麗なラップを最後の方で走る事が出来たのでで問題はなかった。

結果32秒台後半、予選2位。
去年のタイムには届かなかったが、思った以上には走れた。
まだまだ、修正点は見えているがもう練習する時間は無い。
レース中にいろいろ試そうとすると多分ミスするだろう。
決勝ではポールの金原さんについて行く事だけを考えよう。

・・・・・と思ったが、決勝スタートでは2列目内側にいた池田さんにインをさされてしまった。悪いスタートとも思わなかったが、そもそも僕は予選順位より前に1コーナーに入れた記憶があまりない。いや、全然無いかもしれない。この時点で目標は2位獲得に限定されてしまった。金原さんが早くから独走態勢に入ったことで、池田さんも同じように2位獲得の走りに切り替えたとは後で聞いた話だ。
池田さんに付いてはいけた。しかし2〜3週走った感じで抜くのは難しいと感じてしまった。
何とかプレッシャーをかけようと試みるが横に並ぶことは出来なかった。結局、池田さんの視界に入ることは1度もなかったのではないだろうか。ブロックラインのせいか、もともとなのか、ラインが違いすぎてクロスし、あたふたすることも何度かあった。
いつも短くは感じるているが、今回ほど短いレースは無かった。
もうチェッカー?いや、あと3倍、いやせめて2倍くらいは走ろうよ!
1度くらいは追い抜いてバトルらしいことをしたかったが、かなわなかった。
でも、レースって楽しい。こんなに面白いものだったか?
特に他のライダーとの絡みのあるレースは格別だ。
こんなにもドッグファイト好きなのに全然勝負弱いなあ。もうちょっと自分を鍛え直さないと。
石丸さんは4位でチェッカー。ベストタイム的には2位だったみたいだ。CBRを着々と仕上げているみたい。
レース後に練習に来たライダーからレース展開について色々とアドバイスを頂いた。僕から伺いに行ったではなかったのだが、よほどヤキモキさせてしまったのだろう。有難かった。次の機会にぜひ実践したい。

今回はみなさんのお声もあって、マイスターに上がる事が出来ました。有難うございました♪(*^・^)ノ
傍から見てもレースを面白くするマイスターでありたいと思います。
フルスケールバイクで低コスト、同シリーズで3つものサーキットを回して、年間7戦も開催されていて、一人でノコノコやってきても参戦出来る。こんなレースってなかなかないですよね。
ST125というレースが自分の家の周辺で行われているという事にとても幸運を感じます。
もっと参加台数が増えてもいいと思うんだけどなあ?(すいません。僕も休戦せずに済むように努めます (∩_∩)ゞ)
あらためて、ST125を運営されている主催者様方、応援に来ていただいている方々、イベントに来ていただいた方々、ST125を卒業しても時折参戦、サポートに来ていただける方々、おこがましい言い方かもしれませんがライバルの皆様に感謝いたします。











  

総合5位  #75  石丸 哲之  西ヶ森倶楽部  [マイスタークラス]
KKW戦!!

(・・・たぶん)12周の決勝レースがスタート!!

スタートでS川選手に並びますが、そのままアウトに追いやられ、、、
そのスキに4番手スタートのIKD06選手が2番手浮上し、結局4番手で1コーナーをクリア。。。

ポールからスタートのK原選手は早々に独走態勢を築きます。

その後ろで、IKD06選手とS川選手が激しい2位争いを展開。
私は約1秒ほど離されてしまいますが、なんとか追いつこうとプッシュします。

前ではS川選手がIKD06選手のインを狙いますが、なかなか刺しきれません。。。

その隙をついて、S川選手との差を詰めますが、ある周の最終コーナーでシフトミス。。。(@_@;)
一気にS川選手との差が広がったところで・・・チェッカー。。。(ToT)/~~~

結局、な――――んにも出来ずに終わっちゃいました。。。(T_T)

でも、いろいろ発見のあった実り多い1戦でした。
皆さんお世話になりました!!
次回もよろしくでーす(^O^)/


http://tetsuyuki.exblog.jp/









DNF  #4  坂井 貞夫  銀色バイク・FASE  [マイスタークラス]
こんな事があるなんて、、

各位 KKWラウンドありがとうございました。
今回はニューモデルGSX-R125のテストを主眼とした出走のつもりで、エンジンと電気、吸排気は完全ノーマル、ブレーキもノーマルパッド、新車から走行200kmの状態でした。
むろん前後タイヤは交換(中古だけど)、あとステップキットはK&Tさんの試作品、リヤサスペンションリンクはMクラフト(松技工)さんにお願いしてのスペシャル品、オイルは新車時に入れ替えたASH、あとは保安部品を外した状態での初サーキットとなりました。
トシなので前日入りして小倉に前泊したのですが、これが安宿で空調の音か何かで寝付かれず、このあたりから翌日への布石があったような気がします、、、。

さて1年ぶりの同サーキット。朝から開場時間設定のミスでみなさんゲート前に行列状態(スミマセンでした)。午前のみで終了する予定なので去年ほどの暑さからは逃れられるだろうと期待(しかしけっこう暑かった、、)。

FP(フリープラクティス)は3枠、そのあと予選、決勝の流れです。
唯一のワイルドカードライダーは今回初レースとなる、柳井の焼き鳥名店「1鳥万宝(いっちょうまんぽ)」さんのオーナーF井選手。公道や走行会ではフル「MGパッケージ?」のCBR1000RRに乗られているので、今回乗られたワタシのCBR125Rと同じコンセプトであり、きっとすぐに馴染むはず(たぶん)。

FP1:事実上シェイクダウンの銀色GSX-R125は、車体姿勢の観点からリヤに140/60ーR17を履かせていたら、これが失敗でリンク比変更もあってリヤが下がり過ぎ、ほんの数ラップでピットイン、こんな事もあろうかと持ってきていた140/70ーR17に交換作業開始(このあたりから体力問題が、、)。

FP2:リヤタイヤサイズ交換はうまくいって車体姿勢は改善するも、今度は懸念していたサイドスタンドステーが左バンク時にやはり接地、これはコワいので即ピットインしてサンダーで一部削り加工(ずっとツナギを着たままなのでこれがまた問題発生の原因に)。

FP3:ともかくエンジンの回りは良く、慣らし未完了、完全ノーマル(特に排気)で、すでに完成の域に達している他ST125マシンにほぼ遜色ない加速はポテンシャルを感じさせますが、車体がマトモになってきて、さあこれからプッシュするぞと思ってたら、なんとなく操作感がヘン、ブレーキングで指がレバーにかからず一瞬ノーブレーキ状態に、、、(汗)。
いったんスローダウンするも、同症状が続くのでこれは危険と判断し走行をヤメてピットインしました。

ピットに戻ると左右の手指、特に右手指が引きつって動かせない、足と脚もツッてしまって、そう、プールでツるあの感じ。アタマもいつも以上にボーッとして完全にオーバーヒート状態、「ははあこれがウワサに聞く熱中症?」と判断しました。慌てて水分、塩分を補給し、濡らしたタオルで首を冷やし回復を図るもそんな簡単なことじゃないみたいで、なかなか気分が良くならず、、。

そんな状態でRS浦川氏に撮られた1枚がこれ、普段だったらセッティングやコース攻略、レース戦略を考えている表情ですが、じつは「どうやったら熱中症治るんだ」と悩むの図(笑)。

予選以降に望みを賭けるも、、

今回はST125進行の合間にチーム員のミニバイク走行や、銀色バイクお客さま用の一般車枠を設けていたので、その間にいかにカラダをクールダウンさせて熱中症状から回復させるかに腐心、水分塩分補給に、氷水タオルを首筋に、またご来場の常連さんで「銀色青年部」に新入会された(らしい)「エビちゃん」こと
CBR600RRフル「MGパッケージ?」乗りの若者が、ワタシの引きつった手指を揉んでくれて申し訳ないやら、、、。
そもそもがきょうのレースに至るまでの日々業務がいつも同様超多忙でかなり疲れが溜まっていて、そしてあまり寝られなかった前夜などなどで、ドカンと来た負荷に耐えられなかったのはもはやトシのせい、、?
それでも回復に望みを賭けて準備しました。

QP:コースイン直後、かなりイイ感じ。車体姿勢が決まってきたのでこれはイケるかも、、とペースを上げようとした瞬間、FP時同様の症状が出てプッシュ不能、  他車にも迷惑をかけられないので計時ラップ1周のみでピットインしました。
  タイムと順位は言うまでもありません、、、。

それでもさらに決勝に向けて、データ収集のための周回だけでも行うべく安静にしていました。
決勝前には参加者ご来場者揃ってのグリッド撮影。
またST125初の自前キャンギャルkanaちゃんが華を添えてくれました、ポール金原選手良かったね〜〜〜(笑)。

RACE:ともかくノーマルGSX-R125のエンジンポテンシャルを確認すべく、今回敵わないまでも出走しました。
    スタートダッシュは「スタート下手」のワタシでもなかなかの加速、悪くない。    しかしすぐに手指の引きつり発生(足指までも)で、走行断念しました、、、スミマセン。

ニューマシンのデビュー戦はライダーのダメダメで結果を残せませんでしたが、貴重なデータはそれなりに収集でき、高いベースポテンシャルのエンジンと相まって今後の可能性を充分に感じとれました。
さらに車体のセットアップを進め、必ずやGSX-R125を高みに登らせます。
まあライダーが別ならすぐにでも可能でしょう、、(笑)。

ピンポイントのお天気に恵まれ熱い(暑い)午前イベントとなりました。ご来場のみなさま、出走各位、お手伝いのみなさん、KKWさんありがとうございました。


その後も熱中症状が残りながらも、青年部らのサポートで無事帰還できました。お世話になりました<(__)>。
帰ってから彼らのLINEで通知されたのが「坂井無事帰還」って、ホントにご心配かけて申し訳ない、、、。
























ST1 25  公式予選   北九州カートウェイ   0.550 km 2018/7/1
予選 開始時間 11:39 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 BestLap In Lap チーム
1 41 マイスター 金原 直樹 00:32.089 - H.M.F
2 1 53 チャレンジ 城川 将剛 00:32.952 00:00.863 ロシナンテ
3 3 75 マイスター 石丸 哲之 00:33.266 00:01.177 西の森倶楽部
4 4 15 マイスター 池田 一史 00:33.281 00:01.192 池田設備&西之森倶楽部
5 3 14 チャレンジ 藤井 文生 00:34.255 00:02.166 銀色バイク・一鳥万宝
6 4 21 チャレンジ 山下正人 00:35.380 00:03.291 チーム山下
7 7 4 マイスター 坂井 貞夫 00:36.499 00:04.410 銀色バイク・FASE
8 5 39 チャレンジ 森下 辰二 00:38.656 00:06.567 musasabi

ST1 25  決勝   北九州カートウェイ   0.550 km 2018/7/1
レース(11周回)開始時間12:37 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 Total Time BestLap Laps チーム
1 1 41 マイスター 金原 直樹 00:31.804 11 H.M.F
2 2 15 マイスター 池田 一史 00:32.519 11 池田設備&西之森倶楽部
3 1 53 チャレンジ 城川 将剛 00:32.734 11 ロシナンテ
4 4 75 マイスター 石丸 哲之 00:32.509 11 西の森倶楽部
5 2 14 チャレンジ 藤井 文生 00:34.361 11 銀色バイク・一鳥万宝
6 3 21 チャレンジ 山下正人 00:35.530 10 チーム山下
7 DNF 39 チャレンジ 森下 辰二 00:38.417 2 musasabi
8 DNF 4 マイスター 坂井 貞夫 00:37.414 1 銀色バイク・FASE



5月20日 ST125 Rd.3 HSR九州 

HSR九州



ポールポジション賞
マイスタークラス:#13 浜辺 広信 チャレンジクラス:#16 岡部 哲也  
副賞はFASE Racingよりマルちゃん正麺の詰め合わせ


チャレンジクラス表彰
優勝:#16 岡部 哲也 2位:#62 朝永 武志  3位:#21 山下 正人
 
総合表彰
 優勝:#13 浜辺 広信 2位:#41 金原 直樹 3位:#59 上野 武美
総合優勝 #13 浜辺 広信  FASE・SP忠男広島   [マイスタークラス]
19日の午後サーキット入り。
左手の親指をテーピングして、1本だけ練習走行。
風がとても強くて、まともに走行出来ず、初HSRの山下選手とランデブー走行・・・。
2〜3周タイムアタックして、1分29秒7。
日曜日
フリー走行
快晴だが昨日よりも風が強く、1分30秒0。
予選
前後のタイヤを新品に交換し、2周目からタイムアタック!
相変わらずの強風だったが、1分29秒4が出たところで後ろを見ると、金原選手が真後ろに!
タイムアタック終了・・・。
金原選手を引っ張ってしまった。(>.<)
とりあえずポールポジション!2番手は金原選手!(久し振りのHSRなのに凄い)
決勝レース
イマイチ?のスタートだったが、ホールショット!
3周目の裏ストレート終わりで金原選手にインを刺されるも、クロスラインで抜き返す!
全力で走行するも、強風で調子がイマイチ?
何とか逃げ切って、0、169秒差でトップでチェッカー!
何とか優勝出来て良かったです。(^_^)
(親指が、もの凄く痛くて泣きそうでした(T_T))

関係者の皆さん、お世話になりました。
 
 
総合2位 #41 金原 直樹  H.M.F   [マイスタークラス]
久々のHSR!!

さて、HSRは久しぶりに参戦させていただきました。
ほんとは前日練習にも参加したかったんですが、息子の運動会があったので、当日ぶっつけ参加となりました。

練習走行では、必死こいて走りましたが、自分で思うようなタイムに及ばず、予選では、浜辺監督に必死こいてついていきましたよ〜。
その甲斐あって、自己ベスト更新し、初の1分30秒切りの29秒8を記録し予選2位!!
なにげに嬉しかったりします。

そして決勝。
スタートでついていかないと絶対離されると思い、スタートは集中し、なんとかクラッチミート成功し、2位で1コーナー通過!!
ストレートではスリップ使うも抜くまではいかず、ついていくのが精いっぱいな感じです(^_^;)

3週目のストレート終わりのヘアピン突込みでなんとかインを刺してトップに浮上するも、あっという間に抜き返されます。。。
そのあとも何度か突込みで仕掛けようとしますが、抜くまではいかず、そのまま2位でチェッカー。

久々のHSRですが、結果が残せてよかった〜。
初めてピレリキャップも貰えた!

次戦は、KKWのショートコース!
昨年は優勝できたコースなんで、今年も張り切っていきますよ〜(笑)

お世話になった方々、ありがとうございます!
 
 

総合5位 #75 石丸 哲之  西の森倶楽部   [マイスタークラス]
鬼門のHSR(*_*; 投

8周の決勝レースがスタート!!

クラッチミートが決まり、4番手のOKB選手の前に出ますが、、、
7番手スタートのT永選手がロケットスタートを見せ、前に出られます。。。(^_^;)
さらに、一瞬出遅れたOKB選手の伸びも素晴らしく、6番手で1コーナーをクリア、、、

そしてバックストレートで、店主殿にスリップに付かれ7番手へ後退。。。

3周目、コーナリングがつらそうなT永選手を左高速コーナーでパスし、6番手浮上。
そして4周目の2コーナー、店主殿のミスを突き5番手へ、、、

しかしその後のバックストレートで店主殿に逆転され、再び6番手へ。。。
トップ争いの遥か後方で、ST125的『 CBRカップ 』 が勃発、、、(@_@;)

その後、コーナーではわずかに詰めるものの、店主殿を脅かすには至らず、、、
結局6位でのフィニッシュとなりました。。。(+_+)

でも、次戦はショートコースのKKW戦(^O^)/
また表彰台に乗れるように頑張りまーす(*^^)v
 

総合7位 #62 朝永 武志  焼肉『朋盛』&ASスガムラ   [チャレンジクラス 2位]
お久しぶりでした!!
昨年第一戦以来の参戦となりました朝永です!
昨年度は訳有って(?)参戦出来ませんでしたので、車体はショップ預けで時々テストして貰ってました。が!!、そのお陰(?)と言いますか、サスの調整がビックリする位変わってました(;´▽`A``
前日に練習を一本走ったおかげでダメさ加減が発覚し、プチパニック(笑)(ある程度は予想していたのですが予想以上でした。)
リアは調整で誤魔化しても、フロントは如何ともし難く・・・( ノД`) 車体との一年振りのご対面は最悪・・・明日はどうしよう・・・・・

決勝当日
朝のフリー・予選共に何度か調整し直してみて、リアはそこそこ誤魔化せる所まできたかな、しかし、フロントはフニャフニャのままで(;´▽A``ダメダコリャ
それでも何とかソコソコのポジションをキープ出来るかと思っていたのですがY下選手が予想外に良い走りになってきて(;^ω^)
冗談抜きでマズイ事になりそうな・・・
タイムなんて・・・てんで出ないので作戦なんて考えも出来ない状況。
・・・そうだ!!スタート集中でひたすらブロックだ!!(オイオイ)
ウォームアップでY下選手のダッシュをチェックさせて貰って伸びを頭に入れました♪
そしていよいよスタート!
前方には#13号車の浜辺選手、横目でシグナルを見ながら一万回転をキープ。
ブラックアウト!で#13号車のみを見ながらひたすらダッシュ!!
スルスルと前へ・・・・見事に大成功♪( ´ ▽ ` )ノ
1コーナーへは4位で入ることが出来、当初の目的は達成!!ヨッシャ( ゚∀゚)
と、ここまでは良いのですが、流石に曲がらない!止まらない!!って状態では(^_^;)
恥ずかしながらドンドン離されます!
・・・数周とは言え皆様に多大なるご迷惑(ブロック)をお掛けしながらの走行 m(_ _)m
その後、ポジションドロップしながらも、なんとかギリギリ目論見通りにY下選手をブロックし、7位でゴール出来ました。
しかしながら、次戦までにはサス調整を仕上げて調子を上げて来ないとY下選手に喰われますね!
よし!!練習行くぞ!! ( `Д´)/
一年振りのST125参戦でしたが、やっぱりサーキットは楽しいですね!
お世話になりましたST125な皆様、HSR九州オフィシャルの皆様ありがとうございました m(_ _)m
また宜しくお願いします。
 






 





ST1 25  公式予選    HSR九州   2350m 2018/5/20
予選 開始時間 14:00 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 BestLap In Lap チーム
1 1 13 マイスター 浜辺 広信 01:29.454 - 4 FASE・SP忠男広島
2 2 41 マイスター 金原 直樹 01:29.825 00:00.371 2 H.M.F
3 3 59 マイスター 上野 武美 01:32.017 00:02.563 5 UENO R&D Bengal's
4 1 16 チャレンジ 岡部 哲也 01:32.027 00:02.573 4 九州HISYS
5 5 75 マイスター 石丸 哲之 01:33.708 00:04.254 4 西の森倶楽部
6 6 4 マイスター 坂井 貞夫 01:34.304 00:04.850 2 銀色バイク・FASE
7 2 62 チャレンジ 朝永 武志 01:35.867 00:06.413 2 焼肉『朋盛』&ASスガムラ
8 3 21 チャレンジ 山下正人 01:36.677 00:07.223 4 チーム山下
9 4 39 チャレンジ 森下 辰二 01:45.257 00:15.803 4 musasabi

ST1 25  決勝    HSR九州   2350m 2018/5/20
レース(15周回)開始時間15:03 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 Total Time BestLap Laps チーム
1 1 13 マイスター 浜辺 広信 12:08.815 01:30.076 8 FASE・SP忠男広島
2 2 41 マイスター 金原 直樹 12:08.984 01:29.721 8 H.M.F
3 3 59 マイスター 上野 武美 12:12.173 01:30.418 8 UENO R&D Bengal's
4 1 16 チャレンジ 岡部 哲也 12:26.080 01:31.737 8 九州HISYS
5 5 4 マイスター 坂井 貞夫 12:40.631 01:33.384 8 銀色バイク・FASE
6 6 75 マイスター 石丸 哲之 12:41.690 01:33.627 8 西の森倶楽部
7 2 62 チャレンジ 朝永 武志 12:53.967 01:35.034 8 焼肉『朋盛』&ASスガムラ
8 3 21 チャレンジ 山下正人 12:54.741 01:34.915 8 チーム山下
9 4 39 チャレンジ 森下 辰二 12:21.361 01:42.916 7 musasabi


4月15日 ST125 Rd.2 ナチュラサーキット 

総合優勝 #13 浜辺 広信  FASE・SP忠男広島   [マイスタークラス 総合1位]
昨夜の前夜祭の余韻を残しつつ、ナチュラサーキット入り。
雨が降ってて、路面はフルウェット・・・。
フリー走行1本目は、走行せず様子見・・・。

フリー走行2本目
雨が止んで、時より日が差し始める。
フリー走行2本目の、残り5分ほど様子見で走行。

フリー走行3本目
天気が良くなり、路面はウェットパッチが残るものの、ほぼドライに。
様子を見ながらペースを上げていくと、ナチュラ王の金原選手に徐々に近づく・・・。
4コーナーの入り口で、真後ろに付いたと思ったら、目の前で金原選手がスリップダウン!
避けきれずに金原選手を轢いてしまい、軽くジャンプして転倒!
左手の親指がもの凄く痛くて、のたうち回る。
赤旗終了。

車両のダメージが、思った以上に有り、坂井さん他、皆さんに手伝ってもらい修復作業。
ありがとうございました。

午後から、ドライ路面で予選開始!
左手が、もの凄く痛くて、なかなかペースが上げれなかったが、何とか2番手で終了。
ポールは、石丸選手!CBRで初のポールポジション!

決勝レース
左手の親指が、もの凄く痛くて、正直すぐにでも帰りたかったのですが、修復作業を皆さんに手伝ってもらったので、気合いを入れ直しグリットへ!
バトルになると、左手に負担が掛かると思い、スタートを決めてホールショット!
とにかく全力で走行!途中、周回遅れに遇い若干差が縮まるも、4秒ほど引き離してゴール!
チェッカー後、左手の親指が痛くてフラッグが持てませんでした。(T_T)
満身創痍でしたが、優勝出来て良かったです。

関係者の皆さん、ありがとうございました。m(_ _)m
 
 
総合2位 #75 石丸 哲之  西の森倶楽部   [マイスタークラス 総合2位]
自信のあったナチュラ戦だったんですが、、、



15周の決勝レースがスタート!!

スタートで、予定通り(・・・(+_+))H辺監督に先行され、2番手で1コーナーをクリア。
手負いのH辺監督を追います。。。

しかし、そこは百戦錬磨のH辺監督、、、
当たり前ですが、まったく隙がなく、徐々に離されていきます。。。

それでも、なんとか食い下がろうと付いて行きますが、、、
周回遅れの処理でさらに引き離され、、、
見せ場らしいものも見せられず、そのまま2位でのゴールとなりました。。。

CBR初表彰台を獲得できて、よかったですが、、、
『地の利』ってのもあった結果だと思いますので、、、

次戦のHSRでも、トップ争いに加われるように頑張りま〜〜〜す(*^^)v
 
 

総合3位 #59 上野 武美  UENO R&D Bengal's   [マイスタークラス]
 ST125のレースで初めて遠征しました。もちろん、初めてのコースなので前日入りしてしっかりコースを覚えて、練習もしっかりやって、完璧なレースをやったるぞ。と、前のめりな計画を立てて、乗り込むつもりが、天気は雨。冷たい雨、それも横殴りの大雨。岡部君と二人、コース脇に立ち尽くす事に。(結局、コースを半周歩く事しかできなっかた。残念。)
 でも、ナチュラサーキットは想像してたより、すごく立派なコースでちょっと感動。明日が楽しみ。
 練習はあきらめ、坂井さんとこ(銀色バイク)に移動。カフェみたいな造りの店舗にびっくり。
そのあと、ホテルに移動したあと歓迎会へ、イタリアン風のおしゃれなお店。我々以外はみんな若い女子。かなり感動。おいしい食事とお酒、会話を楽しんだあと、遠征組3人、浜辺さんに連れられて2次会へ。すごくフレンドリーなお店でこれまた、感動。(また必ず来ようと、心に誓ったのでした。)
レースの事はすっかり忘れてベッドに。
 レース当日、雨は上がって晴れ間ものぞいてきた、やったね!岡部くんとルンルンでサーキットへ向かう。
サーキットへ近づくと雲行きが怪しくなって、なんと着いたら完全な雨。やむ気配もなし。そんなー。
 文句言ったて、仕方ない。とにかく歩いてコース覚えなきゃ。ブレーキングポイントと加速ポイントをイメージしながら歩き回る。天気は少しずつですが回復、だけどウエット路面で練習開始。おっかなびっくりコースイン。
 1本目はコースの雰囲気の確認。7コーナーはやばいと聞いたので、恐るおそる走る。2本目は少しペースアップして走ろうとしたら、7コーナー進入のタイミングが少し遅れただけでアッサリ転倒。ガッカリ。3本目は路面に乾いた部分も出てきた。2本目の転倒があるので、なかなかペースが上がらない。そのまま練習終了。
予選前にはコースはほぼドライ。やたらと歩き回る。
バイクに乗りに来たのに、なんか歩いてばっかだな。
予選開始、もちろん上手く行く訳もなく、5位で終える。まあ上等でしょう。ナチュラの主である金原君が午前の転倒が響いて予選出走できず、残念。
 ついに決勝、予選ではギヤが思いのほか合わなかったので、焦って交換することに、とにかく短くしなきゃ。
坂井さんに工具を借りて作業。(ありがとうございました。)
 グリッドに着く、予選のタイム差からして勝負にはならないので、得意のスタートで前に出てレースをかき回して終わる計画に。レース開始、まあまあのスタートで3位に浮上。2周ほどついていけたけど後が続かない、ギヤもまだ長かった。
森長君に抜き返され4位(邪魔してごめんね。)今日はここまでとペースを緩める事にして走ってたら、なんと森長君がやばい7コーナーで転がってる。終わってみれば3位!森長君、金原君ごっつぁんです。
 あー、面白かった。こんなゆったりとした時間の中でのレースは初めてかも、かなり感動。
 また都合を付けて、ナチュラサーキットを楽しみたいな。でもよく歩いたな。

 









総合7位 #21 山下 正人    チーム山下   [チャレンジクラス 2位]

今回が人生初のレースでしたが無事完走することができました。

始まりは1か月ほど前に銀色バイクさんにst125に興味があると電話したところからで、それからはマシンのベースのセッティングを出してもらい、思想に行って問題あるところを修正してあれよあれよと言う間に本番当日。

坂井さんのおかげでなんとかレースに出れる状態までできました。
本当にありがとうございました。

今回は一応表彰台に乗ることはできましたが、前との差は開くばかりで追うことすらできず消化不良感たっぷりです。

もちろん一朝一夕で皆さんに追いつけるとは思いませんが、まずは今年1年最後まで走り切れるよう頑張りたいと思います。
 


ナチュラサーキット



ポールポジション賞
マイスタークラス:#75 石丸 哲之 チャレンジクラス:#16 岡部 哲也  


チャレンジクラス表彰
優勝:#16 岡部 哲也 2位:#62 朝永 武志  3位:#21 山下 正人
 
総合表彰
 優勝:#13 浜辺 広信 2位:#41 金原 直樹 3位:#59 上野 武美


ST1 25  公式予選   ナチュラサーキット 0.717km
予選 開始時間 14:00 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 BestLap In Lap チーム
1 1 75 マイスター 石丸 哲之 00:42.075 - 12 西の森倶楽部
2 2 13 マイスター 浜辺 広信 00:42.094 00:00.019 7 FASE・SP忠男広島
3 3 22 マイスター 森長 秀隆 00:42.275 00:00.200 13 モト・ビル・ドフロンティア
4 4 4 マイスター 坂井 貞夫 00:43.877 00:01.802 3 銀色バイク・FASE
5 5 59 マイスター 上野 武美 00:44.197 00:02.122 4 UENO R&D Bengal's
6 1 16 チャレンジ 岡部 哲也 00:45.092 00:03.017 7 九州HISYS
7 2 21 チャレンジ 山下正人 00:46.467 00:04.392 7 チーム山下
8 3 15 チャレンジ 渡壁 義人 00:47.460 00:05.385 11 R&Tサークル・YSP宇部
9 4 39 チャレンジ 森下 辰二 00:48.457 00:06.382 9 musasabi
DNS - 41 マイスター 金原 直樹 H.M.F

ST125  決勝   ナチュラサーキット 0.717km
レース(15周回)開始時間15:03 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. C.P クラス 名前 Total Time BestLap Lap チーム
1 1 13 マイスター 浜辺 広信 10.23.385 00:41.682 15 FASE・SP忠男広島
2 2 75 マイスター 石丸 哲之 10:27.710 00:41.853 15 西の森倶楽部
3 3 59 マイスター 上野 武美 10:45.853 00:43.225 15 UENO R&D Bengal's
4 4 4 マイスター 坂井 貞夫 10:52.057 00:43.562 15 銀色バイク・FASE
5 1 16 チャレンジ 岡部 哲也 10:26.050 00:44.169 14 九州HISYS
6 2 21 チャレンジ 山下正人 10:41.219 00:45.179 14 チーム山下
7 3 15 チャレンジ 渡壁 義人 10:44.736 00:45.713 14 R&Tサークル・YSP宇部
8 4 39 チャレンジ 森下 辰二 10:38.748 00:48.550 13 musasabi
DNF - 22 マイスター 森長 秀隆 02:01.270 00:41.914 3 モト・ビル・ドフロンティア
DNS - 41 マイスター 金原 直樹 DNS H.M.F




 3月25日 ST125 Rd.1 HSR九州

HSR九州


ポールポジション賞
マイスタークラス:#13 浜辺 広信 チャレンジクラス:#16 岡部 哲也  


チャレンジクラス表彰
優勝:#16 岡部 哲也 2位:#15 渡壁 義人
 
総合表彰
 優勝:#13 浜辺 広信 2位:#16 岡部 哲也 3位:#59 上野 武美
総合優勝 #13 浜辺 広信  FASE・SP忠男広島   [マイスタークラス 総合1位]
金曜日、前日走行予約の電話をHSRにすると、ライセンスが1週間前にきれてますよ!と言われ(T_T)
とりあえず予約は出来ました。
土曜日、ヒコさんと二人でHSR九州へ出発!お昼に到着。
ライセンスの更新をして、午後からの1本目の走行。
久し振りの走行でしたが、1分29秒7まで出たので一安心。
二本目の走行、コンディションが良くて、1分28秒6まで出ました!
よし、明日はコースレコードを出すぞ!気をよくして前夜祭へ!(^_^)

日曜日、ST-125はメインレースなのか?最終レースの時間・・・。
10分間のフリー走行、1分29秒8。

予選
1分29秒0で、P・P
天気は良かったが、ストレートが向かい風でタイムが出ず・・・。

決勝レース
スタートは、イマイチ?だったが、とりあえずホールショット!
今回のレース、10周から8周に減ったので、1周目から全開アタック!
向かい風が強くて、1分30秒台で周回。
6周目、シケイン立ち上がりで後ろを見ると、上野さんがチラッと見えたので、1分29秒台にペースアップ!
上野さんを、5秒ほど引き離してチェッカー!
ポールtoウイン!

北古賀オーナー、ヒコさん、お世話になりました。
関係者の皆さん、ありがとうございました。
次戦もよろしくお願いします。
  
 
 


2位  #59 上野 武美  UENO R&D BENGAL'S   [マイスタークラス 総合2位]

3位  #16 岡部 哲也    [チャレンジクラス:優勝  総合3位]
4位  #4 坂井 貞夫  銀色バイク・FASE   [マイスタークラス 総合 4位]

満開の桜の下、無事終了しました。
関係者各位ありがとうございました。

新井カメラマン氏の写真、いつもながらの素晴らしいショットですが、今回のワタシのマシン問題点がフォームで浮き彫りですね。
そういう観点でも貴重な資料です。
新井さん、ありがとうございます。

レースレポートは近々に、、
と言ううちに第2戦ナチュララウンドが、、、、。







5位  #75  石丸 哲之  西ヶ森倶楽部  [マイスタークラス 総合5位]
3年ぶりのHSR

8周の決勝レースがスタート!!

4番手の店主殿の前に出ることができ、そこそこのスタートでしたが、、、
6番グリッドからW壁選手が伸びてきて、5番手で1コーナーをクリア。

しかしその後のシケインの突っ込みでW壁選手を交わすことができで4番手浮上!!
3番手のOKB選手を追います。

さらにショートに振ったファイナルもイイ感じで、ギヤのつながりもイイ感じですが、、、
周回を重ねるごとに、ジワジワOKB選手が離れていき、単独走行になってきました。。。

良くなったフィーリングとは裏腹に、表示するタイムは今三歩。。。((+_+))

そして迎えた7周目の裏ストレート、、、
店主殿の駆る、ノーマルの黒いCBRが並びかけてきます。。。

なすすべなく先行を許し、ファイナルラップを迎えても後ろに付いていくだけで精一杯、、、
結局5位のままでのチェッカーとなりました。。。

結果はアレでしたが、ナチュラでは気にならなかった問題が解って、実り多いレースでした!!
皆さま、大変お世話になりましたm(__)m

次回のナチュラでは、表彰台目指して頑張りま〜す!!





6位  #15 渡壁 義人   R&Tサークル・YSP宇部  [チャレンジクラス 3位]


ST1 25  公式予選   HSR九州   2350m
予選 開始時間 11:50 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. クラス 名前 BestLap In Lap チーム
1 13 マイスター 浜辺 広信 01:29.041 0 7 FASE・SP忠男広島
2 16 チャレンジ 岡部 哲也 01:30.987 00:01.946 7 九州HISYS
3 59 マイスター 上野 武美 01:31.318 00:00.331 3 UENO R&D Bengal's
4 4 マイスター 坂井 貞夫 01:33.370 00:02.052 4 銀色バイク・FASE
5 75 マイスター 石丸 哲之 01:33.632 00:00.262 6 西の森倶楽部
6 15 チャレンジ 渡壁 義人 01:38.061 00:04.429 3 R&Tサークル・YSP宇部

ST125  決勝   HSR九州   2350m
レース(8周回)開始時間16:10 天候:晴れ コース:ドライ
Pos. クラス 名前 Total Time BestLap Lap チーム
1 13 マイスター 浜辺 広信 12:08.635 01:29.865 8 FASE・SP忠男広島
2 59 マイスター 上野 武美 12:14.149 01:30.730 8 UENO R&D Bengal's
3 16 チャレンジ 岡部 哲也 12:23.493 01:31.348 8 九州HISYS
4 4 マイスター 坂井 貞夫 12:38.171 01:32.930 8 銀色バイク・FASE
5 75 マイスター 石丸 哲之 12:38.465 01:33.396 8 西の森倶楽部
6 15 チャレンジ 渡壁 義人 13:12.234 01:37.874 8 R&Tサークル・YSP宇部



過去リザルトLINK
 2008  2009 2010 2011  2012  2013
2014  2015  2016  2017  2018 


result2015.htmlへのリンク