ニーサ(NISA)とは?

最近証券会社から「NISA(ニーサ)の口座開設」の案内が来るようになりました。NISAとは何なのでしょうか?

「利益を出しても税金がかからない」という何だか大きなメリットがありそうなNISAについて詳しく紹介していきます。

NISAは投資で利益を出しても”税金がかからない口座”

日本版ISA(ニーサ)の口座開設の申し込みNISA(ニーサ)は正式名称で言うと少額投資非課税制度と言います。このNISAの口座では配当所得や売却益にかかる税金が非課税となります。

つまり、「NISA口座で取引した分は利益が出たり配当金をもらっても税金がかかりません」ということですね。

NISAは「120万円までの株や投資信託への投資について、配当や売却益が非課税になる制度」です。

「英国では、投資家のほとんどがISAという非課税口座を利用しており、深く浸透している」と言われるこの制度ですが、ついに日本でも始まります。日本版ISAを略してNISAですね。

積み立てでコツコツNISA投資ができる「つみたてNISA」もありますよ。

NISAの口座は原則1人1口座しか作れない

NISAの口座は普通の株の口座と違って原則1人1口座という特徴があり「顧客獲得競争が激しくなるのは確実」と見られています。

私たち個人投資家も「NISAの口座は1つしか作れないなら一番良いところで作りたい」というのが本音です。

このためにはネット証券を実際に使ってみて、自分に合っていて使いやすく「利益を上げられるネット証券」で作りたいものです。これは好みなどがあるので個人差はありますが、総合的に評価がよくカスタマーサービスの評判も良いマネックス証券をはじめ、いろいろなネット証券の使い勝手を試してみるのが良いと思います。

参考:ニーサ(NISA)をわかりやすく説明して!
参考2:銀行のNISAと証券会社のNISAの違い

NISAの口座開設の申し込み方法

NISAの口座開設は1人1口座しかできず、一度口座開設をするとその年は他に変更することができません。(参考:ニーサの口座の解約・変更はできる?)どこで口座開設するかによって取扱いできる商品が違う(例えば銀行のNISA口座では上場株式の売買ができないが証券会社のNISA口座なら可能)ので慎重に選びましょう。

実際の口座開設の手順は以下の2ステップになります。

  1. 証券総合口座の開設
  2. ログインしてNISAの口座開設の申し込み

詳しくはネット証券でのニーサの口座開設方法を参考にして下さい。

ネット証券各社や銀行などからいろいろな案内やプロモーション、NISAの口座開設キャンペーンなどが行われています。

この株高の株式市場の相場が勢いを失わなければ、利益を出している個人投資家達や、それを見て株式投資青始める初心者個人投資家達など、多くの個人達がNISAに注目し、ネット証券をはじめとする証券会社各社は「貯蓄から投資へ」を実現させるまたとない好機となりそうです。

私たち個人投資家にとっても、非課税というのはとても嬉しい制度です。このNISAの制度を十分活用できるように、まずはネット証券に口座開設をして、小型株などの小さな金額でもいいので株取引やネット証券の使い勝手に慣れておきましょう。

非課税とは言っても、利益を上げられなければ意味がないですからね。

実際の取引をしなくても、株価チャートを見たり好きな企業の株価を見てみたり、買ったつもりになって株価の動きを見て行き、「買っていたら儲かったか損したか」をシミュレーションしてみるのも楽しいですよ。

>> 株の口座開設申し込み方法

マネックス証券口座開設申込み

関連リンク

>> 株関連トピックス一覧に戻る