■TTL072F1 475・457系九州標記白文字(前編)
■TTL072F2 475・457系九州標記青文字(前編)
■TTL072G1 475・457系九州標記白文字(後編)
■TTL072G2 475・457系九州標記青文字(後編)
S=1/150

このページに記載の製品のお求めは、こちらからどうぞ。

前編には鹿児島地区の若番編成と大分地区の後半、後編には鹿児島地区の後半と大分地区の若番を収録(お間違えのないよう)しています。
主に民営化後ローカル専業となってからの車番を収録していますが、もちろん急行運用時代にも使用してください。白文字は国鉄色と復活国鉄色のGk5編成、青文字は九州色に使用します。復活国鉄色Gk5編成は、時代によって車番の位置が変わっていましたので、これを再現するにもオススメです。

より多くの車番を効率的に転写できるよう、前編後編に分けて収録しました。

TTL072F1 475・457系九州標記白文字(前編)
TTL072F2 475・457系九州標記青文字(前編)

それぞれ インレタ1枚入
本体800円

車番
(Gk1) クモハ475-1 モハ474-1 クハ455-611
(Gk5) クモハ475-5 モハ474-5 クハ455-16
(Gk6) クモハ475-6 モハ474-6 クハ455-30
(Gk10) クモハ475-10 モハ474-10 クハ455-322
(Gk12) クモハ475-12 モハ474-12 クハ455-606
(Gk14) クモハ475-14 モハ474-14 クハ455-6
(Gk21) クモハ475-21 モハ474-21 クハ455-404
(Gk22) クモハ475-22 モハ474-22 クハ455-26
(Gk24) クモハ475-24 モハ474-24 クハ455-602
(Jo7) クモハ457-7 モハ456-7 クハ455-69
(Jo8) クモハ457-8 モハ456-8 クハ455-68
(Jo9) クモハ457-9 モハ456-9 クハ455-70
(Jo10) クモハ457-10 モハ456-10 クハ455-66
(Jo15) クモハ457-15 モハ456-15 クハ455-403
(Hk202) クモハ717-202 クモハ716-202
(Gk2) -2 -2 -29  (Gk3) -3 -3 -12  (Gk9) -9 -9 -607
(Gk11) -11 -11 -9  (Gk20) -20 -20 -8  (Hk201) -201 -201
(Hk203) -203 -203  (Hk204) -204 -204

所属標記
鹿カコ 本カコ 分オイ それぞれ定員100;2.5両分、定員121;1.5両分
熊クマ(定員133) ×1.5両分

形式・検査標記
475系用 15−1鹿総車×5両分   457系用 11-5 小倉工×5両分

ATS標記 S ×5両分 エンド標記×11両分、三方コック標記・保×各7両分

※ATSのSK標記は、TTL061A「423系標記(白文字)」またはTTL061B「423系標記(青文字)」、TTL055「キハ58系標記(九州青文字)」に含まれます。
※画像はTTL072F2「475・457系九州標記青文字(前編)」です。TTL072F1「白文字前編」は、同じ内容の色違いとなります。
TTL072G1 475・457系九州標記白文字(後編)
TTL072G2 475・457系九州標記青文字(後編)

それぞれ インレタ1枚入
本体800円

車番
(Gk25) クモハ475-25 モハ474-25 クハ455-10
(Gk26) クモハ475-26 モハ474-26 クハ455-23
(Gk27) クモハ475-27 モハ474-27 クハ455-501
(Gk29) クモハ475-29 モハ474-29 クハ455-22
(Gk30) クモハ475-30 モハ474-30 クハ455-25
(Gk36) クモハ475-36 モハ474-36 クハ455-605
(Gk37) クモハ475-37 モハ474-37 クハ455-401
(Jo2) クモハ457-2 モハ456-2 クハ455-301
(Jo3) クモハ457-3 モハ456-3 クハ455-610
(Jo4) クモハ457-4 モハ456-4 クハ455-323
(Jo5) クモハ457-5 モハ456-5 クハ455-67
(Jo6) クモハ457-6 モハ456-6 クハ455-15
(Hk205) クモハ717-205 クモハ716-205
(Hk206) クモハ717-206 クモハ716-206
(Hk207) クモハ717-207 クモハ716-207
(Hk901) クモハ717-901 クモハ716-901
(Gk31) -31 -31 -604  (Gk32) -32 -32 -27   (Gk33) -33 -33 -11
(Gk34) -34 -34 -21   (Gk35) -35 -35 -24   (Gk38) -38 -38 -603


所属標記
鹿カコ 本カコ 分オイ それぞれ定員100;2.5両分、定員121;1.5両分
熊クマ(定員133) ×2.5両分

形式・検査標記
475系用 11−3 鹿児島車所×6両分
457系用 11-5 小倉工×6両分

ATS標記 S ×5両分 エンド標記×11両分、三方コック標記・保×各7両分

※ATSのSK標記は、TTL061A「423系標記(白文字)」またはTTL061B「423系標記(青文字)」TTL055「キハ58系標記(九州青文字)」に含まれます。
※画像はTTL072G2「475・457系九州標記青文字(後編)」です。TTL072F1「白文字後編」は、同じ内容の色違いとなります。
■関連製品
TTK426 417系コンバージョンキット
TTL005A 455・417系編成番号
TTL007・008 オデコ滑り止めインレタ(信州・東海) (クハ165改クハ455に使用)
TTL020 455系仙山線改造パーツセット
TTL020 455系仙山線改造パーツセット
TTL020B 455系仙山線インレタ
TTL021 455系磐越西線改造パーツセット
TTL021B 455系磐越西線インレタ
TTL040A 417系標記 白文字

TTL040B 417系標記 黒文字
TTL072B1 455系東北地区標記(非更新車・前編) 白文字
TTL072B2 455系東北地区標記(非更新車・前編) 黒文字
TTL072C1 455系東北地区標記(非更新車・後編) 白文字
TTL072C2 455系東北地区標記(非更新車・後編) 黒文字
TTL072D1 455系東北地区標記(更新) 白文字
TTL072D2 455系東北地区標記(更新) 黒文字
TTL072E1 475系北陸地区標記 白文字
TTL072E2 475系北陸地区標記 青文字
TTL072F1 475・457系九州標記 白文字(前編)
TTL072F2 475・457系九州標記 青文字(前編)
TTL072G1 475・457系九州標記 白文字(後編)
TTL072G2 475・457系九州標記 青文字(後編)
TTL856-01 ドア注意シール・優先席表示インレタ(首都圏)
TTP102 455系更新車一体型ライト
TTP103 165/455系スノープロウ
TTP109 165/455系妻板ダクト
TTP110 403/455系妻板臭気抜き
TTP145 クハ455水タンク(鋼製)
TTP146 常磐無線アンテナ
TTP151-01〜 ATS車上子シリーズ
TTP205 169系妻板手すりセット
TTP215-01 165・キハ58・40系手すりセット
TTP219 乗務員ステップバリエーション (仙台地区の張り出しのついたステップも収録)
TTP230 国電用ルーバー集
TTP239 455系更新車側扉
TTP255 サボのささっていないサボ受け&455・475系ローカルパーツ集
■関連製品(九州)
TTK410 キハ55系・20系コンバージョンキットシリーズ
TTL009 オデコ滑り止めインレタ(九州)
TTL014B改 115系弥彦線(緑帯)車番標記(サウンドエクスプレスひのくにの標記を収録)
TT019A/B 「乗務員室」標記横書き 白色・灰色文字各色
TTL046 キハ58系標記(復活国鉄色・東海)赤11号
TTL048 キハ58系所属標記 白
TTL049A/B 「自動ドア」標記 白色・灰色文字各色
TTL061A・B 423系標記(白文字・青文字)
TTL072F1・F2 475・457系九州標記(白文字・青文字)
TTL801-10 113系関西線・キハ58系修学旅行・鳥取色標記 朱色3号 修学旅行色のほか、標記が本来より明るい色だった復活急行色(トロQ)の再現に
TTL801-11A・B/801-12A・B キハ58系標記(北部九州)・(南部九州) 青23号 赤11号 各色
TTL856-03 ドア注意シール・優先席表示(九州電車) 窓ガラスのアクセントに
TTP130 キハ58非冷房妻板 妻窓が貫通路左右にあるタイプを再現可能
TTP132 キハ58・56水タンク(新潟) 熊本にいた平窓非冷房九州色に使用
TTP140 冷房機#6 キハ52冷房車に使用
TTP145 クハ455水タンク(鋼製) 475系のバリエーション製作に
TTP232 キハ58ワンマン貫通扉 晩年の熊本・鹿児島・大分地区の再現に
TTP235-01 電車・気動車小パーツ集 キハ58555などの前面貫通扉ヘッドマーク差しなどを収録
TTP244 キハ20・55乗務員扉 キハ52の乗務員扉木枠車交換用に

※インレタをお使いいただくにあたってのご注意
表示の入り数は、最大で転写できた場合を示し、原則として予備としての数を考慮しておりません。
また、一部の番号などは並び替えを必要とするものがあるほか、極小サイズの文字は、一部基幹形式や近似のもので代用する必要がある場合もございます。予めご了承ください。
どこのメーカーさんでも同じですが、インレタは生ものです。購入の前にキズやカスレがないか、お確かめください。最近のインレタは品質も安定し、割と長持ちしますが、それでも極端に年数の経た古いものは転写できなくなる場合もあります。
インレタの上手な貼りかたはこちらをご覧ください。

2014年7月17日更新

戻るときは、ブラウザの「戻る」ボタンを使用してください。